個人塾のメリット

個々に合った指導を受けやすい

個人塾の大きなメリットは、一人一人の生徒に目が行き届きやすくなっているところです。大手の塾の場合、受講する生徒が多いことやカリキュラムが決まっていることから、個々のレベルに合わせた指導や講義が行われにくくなっています。それに対して個人塾の場合はこぢんまりとした教室や人数で講義が行われるので、比較的講師の目が生徒全員に行き渡りやすい傾向が見受けられます。その結果、個々のレベルを把握しやすいため、個人に合わせた指導を行いやすくなっているのです。 またカリキュラムはある程度決まっているものの大手塾よりも調整しやすいことから、より個々に合わせた指導や講義を行うことができるというメリットに繋がっています。

生徒と講師の信頼関係が築きやすい

また講師の目が行き届きやすいほど距離感が近いということは、生徒と講師の信頼関係が築きやすいというメリットにも繋がっています。信頼関係を早い段階から築くことができれば講義で分からなかった部分を質問しやすいですし、個別指導も信頼関係に基づいて行いやすいですよね。さらに受験を控えた頃になれば進路相談をしなければいけなくなりますが、それぞれの距離感や信頼関係が築けていれば進路相談もやりやすくなります。これは生徒と講師の間だけではなく、生徒の親と講師の間でも同じようなことが言えるのです。

このようにそれぞれの信頼関係が築きやすいほど距離が近い状態を作り出せるところは、個人塾ならではのメリットだと言えます。