個人塾の選び方

料金プランを比較して選ぶのは良い方法

個人塾を選ぶときには何を基準にすれば良いのかという問題があります。個人塾を選ぶときのポイントの1つとなるのが、料金プランの問題です。大手の塾の場合は授業料以外にテキスト代や入塾金といったものが必要になるケースが多いです。それに対して個人塾は授業料以外に別料金がかかるケースは少ないと言えます。そのため授業料だけで塾を比較できるという利点があります。そのことを考えれば個人塾を選ぶときには料金プランを比較して選ぶのが効果的だと言えます。とにかく安く済ませたいのであれば最安値の個人塾を選ぶのが良いですし、多少価格が上がっても苦手な分野に特化した授業を受けさせたいのであれば、そのような個人塾を選ぶのが良いでしょう。

塾長の考えに共感できるところを選ぼう

大手の塾は生徒の学力アップや進学だけを考えたカリキュラムを組んでいるケースが多いです。それに対して個人経営の塾は塾長が独自のコンセプトを持ち、それに沿ったカリキュラムを組んでいるパターンが多いと言えます。そのため個人塾は塾長の考え方によって色が変わってくるという面白さがあるでしょう。例えば生徒の希望を聞き入れた上でカリキュラムを組む塾もありますし、少しでも偏差値の高い学校を目指させる塾もあります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、個人塾を選ぶときには塾長の考え方に共感できるかどうかを考えるのが重要になります。親も子どもも塾長の考え方に共感できるとなった場合は、その塾に決めても良いと言えます。