大手塾のデメリット

大手塾は月謝が高い傾向がある

大手塾のメリットは、高品質な学習サポートが受けられる点です。優秀な講師陣が揃っており、学年や教科ごとに担当者が細かく分かれており、手厚いコーチングが期待出来ます。その反面、大手塾は基本的に月謝がお高めです。他の分野でも言える事ですが、高品質なサービスを利用するためには、それ相応のコストが必要です。他のサービス契約なら多少高額だったとしても、一度きりの支払いでOKだったりしますが、学習塾の場合は月謝制ですので、少々お高めの出費が毎月発生します。家計の状況によっては、子供の塾代がかなりの負担になります。塾代を捻出するため、新車購入を断念したり、食費を少し切り詰めたり、家族旅行の行き先を変更する等、他の面で節約が求められるかもしれません。

指導がスパルタもしくはハイペースな可能性が高い

大手の学習塾は、講師の指導がスパルタだったり、授業進行がハイペースだったりします。もちろんすべての有名学習塾がそうとは言い切れませんが、子供たちの成績アップを最優先する傾向があります。生徒がミスをした時やスランプ状態に陥っている時など、講師陣から厳しくお説教されやすいです。ハラスメント的な指導ではなく、的確な叱咤激励をする講師が大多数ですが、子どものパーソナリティによっては厳しく指導されたことが原因でかえって勉強嫌いになったり、塾に通う事が嫌になる恐れがあります。

また授業の進行ペースが、いわゆる学校の授業に比べて非常に速く、勉強が苦手な生徒は置いてきぼりを受けやすいのが難点です。大手学習塾は元々勉強が好きだったり、学校の試験が得意な生徒には最適ですが、勉強が苦手な子どもには向いていません。